脊椎管狭窄症の一般的な治療方法は?

脊椎管狭窄症の一般的な治療方法はどのような治療法があるでしょうか?お医者さんに「脊椎管狭窄症かもしれませんね。」と言われたのはいいが、具体的な治療法など提示されなかった場合、不安になりますよね。そんな時のために、脊椎管狭窄症の一般的な治療法の概要を簡単にまとめましたので、ご覧ください。

脊柱管狭窄症の治療の種類

脊柱管狭窄症の治療は大きくふたつに分けられます。ひとつは【保存療法】。もうひとつは【手術療法】です。この名前を聞くだけでなんとなくどんな治療なのかは想像つくかもしれませんね。さらに分かりやすくいうと、「手術をするのかしないのか」ということになります。保存療法と手術療法ではどのような治療が行われるのでしょうか。

保存療法とは

保存療法の適応となるのは【手術をしなくても回復が見込まれるもの】、【症状が改善しなくても日常生活に大きな支障はきたさないもの】などの場合です。

神経自体の炎症で神経が腫れで神経が圧迫されている場合は消炎鎮痛剤の注射などで経過観察です。また椎間板ヘルニアによるものであれば自然と椎間板が戻ることがあるのでそれを見込んで手術せず経過をみます。

また、手術をしないと症状が改善しないであろう場合でも日常生活に大きな支障をきたしていない場合などでも保存療法がとられることがあります。手術療法にも何かしらリスクがあります。100%安全な手術など存在しません。日常生活に大きく支障がなければ、リスクを背負ってまで手術をしないというものです。手術をしても回復が見込めない場合でも手術が行われないことがあります。

治療内容としては【安静】です。安静にすることで神経の炎症を改善させたり、ヘルニアが自然に吸収されるのを促します。また、再発させないための生活指導・リハビリをうけることになります。

手術療法とは

手術療法は文字通り手術で治療をすることです。手術には手術後1週間程度で退院できるものから、手術後数週間の入院が必要となるものまでさまざまです。手術は基本的に、確実に神経の圧迫を除去することができます。しかし手術をしたからと言って100%症状が改善するとは言い切れません。

イメージとしては、長期間圧迫され続けてきた神経はその圧迫でつぶれてしまっています。神経は徐々にもとの大きさまで戻ろうとするのですが、100%の状態まで戻りきれないことがあります。もし100%まで神経が膨らめば症状は完全に解消されますが、そうでなければ症状は完全には回復することはできません。

手術の内容としては、数センチ切開して圧迫を取り除くものや、2センチ程度の切開をしてそこから内視鏡手術をするものもあります。手術の種類は多岐に分かれており、圧迫を取り除くだけのもの(除圧術)もあれば、圧迫を取り除いた後に脊椎を金属で補強・固定する(除圧固定術)ものまであります。

以前の記事はこちらです«

最近の記事はこちらです »

無料7日間メルマガ


このメルマガは、脊柱管狭窄症の解消に効果的な、エッセンスの体操をちゃんと理解して取り組むべき順番に、日を追って、一日ずつ配信しているメルマガです。

メルマガのために収録したビデオが7個お届けします。今すぐ無料で登録して、7日間よむと、身体が軽くなります。ぜひお楽しみください

注意!携帯の方(特にDocomo)は初期状態だとエラーになり、メールが届きません。

登録したあとに変更しても、メルマガが届かないので

かならず、登録する前に、518@mario.pink から、メールが届くように、携帯の設定を確認してから登録してください。

登録が無事完了すると、すぐに【0通目】のメールが届きます。1分以内に届かない場合は、エラーになっています。

その場合は、他のアドレスでお試しください。おすすめは、パソコンのメールアドレスで登録していただくと、読みやすいです。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ