脊椎管狭窄症の症状。腰編

この記事では脊椎管狭窄症の症状について、とくに腰に出る症状についてまとめました。脊椎管狭窄症は足の痛み、しびれなどの症状として出ることが多いですが、腰痛の症状も出る場合も多いです。また背中の痛みなどを伴うこともあります。簡単にですが、腰の症状や特徴の概要をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

腰の症状といえば腰痛

脊柱管狭窄症でも腰痛は出ることがあります。しかし腰痛の程度も部分も人それぞれです。痛みの程度や部位が異なるのは脊髄神経が圧迫の程度や部位によって異なってきます。特徴としては「狭窄をおこしている部位よりも下の部分に痛みが出る」ということです。狭窄を起こしているかどうかはレントゲン・CT・MRIなどの画像診断で判別することができます。その腰痛は筋肉などではなく脊髄神経が原因かもしれません。

腰の知覚神経の鈍麻

知覚神経が鈍麻(マヒ)すると触った感覚が鈍くなり、重症なものでは触ってもわからないようなことも起こり得るようです。これは腰部よりも上部の脊柱管狭窄症で腰回りの知覚神経を圧迫しているために起こることがあります。腰やお尻の知覚鈍麻が起こることがあります。

背中を反らすと腰症状が増強する

体勢を変えることで脊髄神経の圧迫が増強したりすることがあります。よくあるのは背中や腰を反らせると腰や足の症状が増強したりします。これは後方にそらせることで脊髄神経がより強く圧迫されるからです。このような特徴のある症状は脊柱管狭窄症と診断するうえでひとつの要素となります。

背中を丸めると腰症状が改善する

高齢で前傾姿勢(腰の曲がった姿勢)の方もいますが、これは前傾姿勢のほうが腰痛が軽くなるために、日常的に前傾姿勢で生活していたためにそのようなことになっていることもあります。先ほど紹介したのとは逆に、前傾姿勢だと脊髄神経の圧迫が軽減されるのです。このように姿勢によって症状が変化するのは脊柱管狭窄症が疑われます。もちろん背中を反らせた時の症状と、丸めた時の症状の違いは脊柱管狭窄症を診断する材料の一つになります。

以前の記事はこちらです«

最近の記事はこちらです »

無料7日間メルマガ


このメルマガは、脊柱管狭窄症の解消に効果的な、エッセンスの体操をちゃんと理解して取り組むべき順番に、日を追って、一日ずつ配信しているメルマガです。

メルマガのために収録したビデオが7個お届けします。今すぐ無料で登録して、7日間よむと、身体が軽くなります。ぜひお楽しみください

注意!携帯の方(特にDocomo)は初期状態だとエラーになり、メールが届きません。

登録したあとに変更しても、メルマガが届かないので

かならず、登録する前に、518@mario.pink から、メールが届くように、携帯の設定を確認してから登録してください。

登録が無事完了すると、すぐに【0通目】のメールが届きます。1分以内に届かない場合は、エラーになっています。

その場合は、他のアドレスでお試しください。おすすめは、パソコンのメールアドレスで登録していただくと、読みやすいです。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ